チャイナ 中華大国

生活

対外関係
主要な記事:中国の対外関係
2006年に元米ブッシュ大統領と胡錦濤。

中国は171の国と外交関係を持っており、162に大使館を維持する[123]その正当性は、中国の共和国と他のいくつかの国で議論されている、それは、このように限られた認識で最大かつ最も人口の多い状態です。スウェーデンは1950年5月9日に中国と外交関係を確立する最初の西洋の国であった。[124] 1971年、中華人民共和国が国連における中国の唯一の代表としての常任理事国5の一つとして、中国の共和国に置き換え国連安全保障理事会。[125]中国はまた、非同盟運動の元メンバーとリーダーだったし、まだ自分自身を発展途上国の代弁者と見なされます。[126]

一つの中国政策の​​解釈の下で、中国は他の国は、台湾にその主張を認め、中華民国政府との公式関係を断ち切ることが外交関係を確立するための前提条件になりました。外国が台湾に外交申し入れを行った場合、中国当局は、多くの場面で抗議したが、外国の政府高官とダライラマ14世の間で特に武装の販売の問題では[127] [128]政治会議はまたそれとして、中国が反対しているチベットは中国の正式な一部であると考えている。[129]

多くの中国の現在の外交政策の大部分は伝えられる周恩来の5つの他の州の情勢の平和共存 - 非干渉の原則、不可侵、平和共存、平等と相互利益に基づいています。中国の外交政策は、イデオロギーの相違にもかかわらず、状態間の外交関係を奨励する "統一せずに調和"の概念によって駆動されます。このポリシーは、中国がそのようなジンバブエ、北朝鮮、イランなど西側諸国によって、危険な、または抑圧的とみなされる状態をサポートするようにつながっている。[130]諸外国との競合は、特に米国と中国の最近の歴史の中で常時発生しているたとえば、1999年5月にコソボ紛争と2001年4月に米国と中国の偵察機事件の時にベオグラードの中国大使館は米国爆撃。近年では中国が西洋との外交関係を改善したものの、多くの西洋諸国と中国の対外関係は、1989年の天安門事件で軍の弾圧は、次の時間のために苦しんだ。[131] [132]中国は、さらに、ますます緊密な経済を持っているロシア、両国との関係は、しばしば、国連安全保障理事会で一斉に投票します。[133]
貿易関係

最近の数十年で、中国はアジア太平洋の隣人の間で自由貿易地域とセキュリティ協定を求めるのますます重要な役割を果たしてきました。 2004年に、中国はあからさまに米国を除く地域の安全保障問題のためのフォーラムとして、まったく新しい東アジアサミット(EAS)の枠組みを提案した。[134] ASEAN +3、インド、オーストラリア、ニュージーランドを含むEASは、その開催2005年に就任サミット。中国はロシアと中央アジア諸国とともに、また、上海協力機構(SCO)の創設メンバーです。

2000年、米国議会は、他のほとんどの国からの財と同じで、低関税で中国の輸出を許可し、中国で "恒久通常貿易関係"(PNTR)を承認した。[135]ビル·クリントンとブッシュの両方がその自由貿易を主張し徐々に民主的な改革に中国を開きました。[136]ブッシュ大統領はさらに、世界貿易機関(WTO)に中国のエントリの支持者だった。[137]中国は米国との重要な貿易黒字は、その最も重要な輸出市場を持っています[138 ] 2010年代初頭に、米国の政治家は、中国元が大幅に中国の不公正な貿易の優位性を与え、過小評価されていると主張した。[139]

Sinophobic態度はしばしば中国の少数民族、中国の外に住んでいる国民を対象としています。時には、そのような反中国の態度は、1969年にマレーシアで5月13日事件と2,000人以上が死亡したインドネシア1998年5月のジャカルタ暴動、中に発生し、暴力的にしてください。近年では[140]、反数を - 中国の暴動や事件がまたアフリカやオセアニアで発生している。[141] [142]反中国感情は、しばしば社会経済に根ざしている。[143]
領土問題
マップは、中国とその周辺の政権の間に領土紛争を描いた。大きな地図は、こちらを参照してください。
主要な記事:中華人民共和国#国際的な領土紛争の外交関係

中国は主に、新帝国主義の歴史的な期間中に中国に課せられた不平等条約の遺産から生じる、国際的な領土紛争の数にかかわってきました。 1990年代以降、中国は通常の譲歩を提供し、各当事者と係争中の領土の半分以下を受け入れることによって、その係争中の土地の境界を解決するための交渉に入っています。中国で唯一残っている土地の境界紛争はインドとの係争中の国境とブータンとの国境は未定義です。中国はさらに東と南シナ海のいくつかの小さな島の所有権をよりマイナーな多国間の紛争に関与している。[144] [145]
参照:中華人民共和国を含む戦争のリスト
中国や発展途上国
右から二番目、中国の胡錦濤国家主席と2007年のG5首脳会議、。

中国は大きく、発展途上国の多くの国々と、政治的にも経済的にも、従事しています。最も顕著なのは、彼らは貿易と協力二国間のためにアフリカ諸国と係合する政策を続けている。[146] [147]新華、中国の公式報道機関は、アフリカでの作業や生活劣ら75万より中国人があることを述べています。 [148]中国は、さらに、ブラジルの最大の貿易相手国になって、主要な南米諸国との関係を強化し、アルゼンチンとの戦略的なリンクを構築しました。[149] [150]ブラジル、ロシア、インド、南アフリカと共に、中国がメンバーである新興主要経済国のBRICSグループの、そして2011年4月に海南省の三亜でのグループの第三の公式首脳会議を開催しました。[151]
新興超大国のステータス

中国は定期的に特定のコメンテーターは、軍事力、非常に大規模な人口の成長は​​、その急速な経済発展を引用し、それが21世紀の著名なグローバルな役割を果たすであろうことを示す兆候として、国際的影響力の増加に伴って、潜在的な新たな超大国として歓迎されています。その他は、しかし、バブル経済と人口不均衡が遅くなる、あるいは世紀が進むにつれて、中国の成長を止めることができると警告している。[152] [153] [154] [155] [156]を
社会政治的な問題と改革
参照:中華人民共和国、湖口システム、中国では社会福祉、中国人民共和国の選挙、中国人民共和国におけるフェミニズムの人権を

中国の民主化運動、社会運動家、中国の共産党の一部のメンバーがすべての社会的、政治的改革の必要性を同定した。経済的、社会的コントロールが大幅に1970年代から中国では緩和されているが、政治的自由はまだしっかりと制限されています。市民の "基本的権利"が言論の自由、報道の自由、公正な裁判を受ける権利、信教の自由、参政権、財産権が含まれていることを、中国国家の人民共和国の憲法。しかし、実際には、これらの規定は州によって刑事訴追に対して重要な保護を提供しません。[157] [158] [159]

中国経済は鄧小平の1978年の改革後に拡大するにつれて、都市に移動している農村部の中国人の数千万人[160]それ自体が国家の利益へのアクセスを制御し、中国の戸籍の戸籍制度によって第二級市民として扱わ見つける。[161 ]財産権は、しばしば不十分に保護されており、土地収用土地の発作は貧しい農民に不均衡な影響を与えた。[160]は2003年には、平均的な中国の農民は6分の1にもかかわらず、平均的な都市の住人の3倍の税金を支払った年収。[161]しかしながら、農村税の数が以来、減少または廃止されており、農村部の住民に提供される付加的な社会サービスを提供します。[162] [163] [164]

中国第百五十九位にランク国境なきインターネット上で最も顕著な政治的言論と情報の検閲、[165]公然とで定期的に政府と与党共産党の批判を黙らせるために、中国で使用されている。[166] [167] 2005年には、記者知覚報道の自由の非常に低いレベルを示す年次世界報道の自由インデックス167の状態、のうち。[168]政府としての場合と同様に、それは "社会の安定"に対する潜在的脅威を考慮した組織によってデモを抑制しています1989年の天安門広場は抗議した。共産党は、情報を制御する混合成功を収めています:強力かつ広範なメディア管理システムも同様に強力な市場の力は、ますます教育を受けた市民、特に環境問題に関する、より広い世界に中国がよりオープンにされている技術や文化的な変化に直面している。 [169] [170]しかし、試みはまだ、いわゆるグレートファイアウォールによってブロックされている政治的に敏感な材料のためのオンライン検索での外部情報へのパブリックアクセスを制御するために中国政府によって作られています[171]は中国のインターネット検閲の中です世界で最も厳しい。[172]

外国政府とNGOの数は定期的に集会、結社、宗教、言論の自由の裁判なしの長い拘留の体系的な使用を含む広範な市民の人権侵害、強制自白、拷問、捕虜の虐待、および制限を主張し、中国の人権記録を批判する、マスコミ、労働者の権利。[112]中国は米国より一人当たり約30倍、他のどの国よりも多くの人々を実行する[173]このような高い実行率が部分的にその多くのホワイトカラーの犯罪事実によるものであるこのような詐欺として、中国では死刑である。しかし、2010年代初頭に、中国はいくつかのそのような犯罪に対して死刑の適用を制限し始めました。[174]中国政府がキリスト教徒、チベット仏教徒、そして法輪功のメンバーをターゲットにポリシーを含む、宗教の自由中国の欠如を批判されてきた。

中国政府は、人権の概念は考慮に入れ、経済発展の国の現在のレベルを取り、貧しい国々における生存と発展に人々の権利にもっと焦点を当てるべきであると主張して外国からの批判に応えてきました。[175]の上昇1970年代以降の平均中国語の生活水準、識字率向上、平均寿命は、人権に具体的な進展として政府によって見られている。[176]職場の安全の改善、そのような多年生の長江の洪水などの自然災害を防止するための取り組みまた、依然として大​​部分は貧しい国の人権の進展として、中国で描かれている。[175] [177]

他の人たちがより保守的なままで、いくつかの中国の政治家は、改革を支持して話されている。 2010年には、温家宝首相は中国のニーズ "という国家権力が真に人々や国家権力に属しますので、徐々に民主的な選挙制度を改善するためには、人々に奉仕するために使用される"と述べている。彼の状態にもかかわらず、温首相のコメントは、後に政府によって検閲された。[178]

経済成長と改革の社会的、文化的、政治的影響がますます明らかになるように、共産党の保守派と改革派の間で緊張が鮮鋭化されています。周Tianyong、中央党校の研究の副ディレクター、中国が民主主義に過度に乱流遷移を避けるためである場合は、次の30年間に過度に急激な変化を推進し、それらの抑圧が不可欠となるだけでなく、その漸進的な政治改革を主張、中流階級の支配する政体
[PR]

# by akb161sdn | 2012-08-15 13:29