チャイナ 中華大国

経済

2012年のように、中国は約米国7298000000000ドル、国際通貨基金(IMF)によると、合計で名目GDPの面で世界第2位の経済大国を持っています。[7]しかし、米国の5184ドルの中国の人口一人当たりの2011年の名目GDPは後ろにそれを置く人当たりのランキングごとに世界のGDPの90の国々(国際通貨基金(IMF)リスト上の183カ国のうち)。[202] PPPが総GDPの数値に考慮されている場合、中国は米国、2011年、そのPPP GDPに再び秒です一人当たり8394ドルに相当する11316000000000ドルに達した。[7] 2009年、中国のプライマリ、セカンダリ、および三次産業が国内総生産(GDP)にそれぞれ10.6パーセント、46.8パーセントと42.6パーセントを寄付しました。

1978年後半まで、1949年の創立から、中国人民共和国は、民間企業や資本主義なしで、ソビエト式の中央計画経済であった。これは明らかに経済的な結果を混合していたが、モダンで先進共産主義社会に向かって国を推進するために、毛沢東は、1960年代初頭に大躍進を設けた。[203]を毛沢東の1976年に死と文化大革命の結果終了後、鄧小平小平と新しい中国の指導部が経済を改革し、一党独裁の下で、より市場志向型の混合経済に向かって移動し始めた。農業の集団化は、解体され、農地は、生産性を高めるために民営化された。現代の中国は、主に私有財産の所有権に基づいて、市場経済を有することを特徴とすると、[204] [205]と国家資本主義の主要な例の一つである。[206] [207]

政府が価格統制を緩和し、外国投資を促進しながら、ポスト毛沢東市場改革の下で、小規模の民間企業の多種多様な、奨励された。外国貿易は、深センで、次に他の中国の都市の最初の経済特区(特区)の創造につながる、成長の主要な手段として時に集中していた。非効率な国有企業(国有企業)は、大規模な雇用喪失をもたらし、完全に閉じられている不採算のものと、西洋スタイルの管理システムを導入することによって再構築さ​​れました。 2010年後半までに、中国は国有企業は、鉄鋼、自動車、エネルギー業界で独立した事業を買収して、その経済の自由化への取り組みの一部を逆転された[208]
1978年、鄧小平は中国の市場志向の改革を開始しました。

経済の自由化は、国際通貨基金(IMF)によると[209]経済はほぼ百倍に成長してきた[210]世界で最も急速に成長している主要な経済である。[211]、中国の年間平均GDP、中国の投資と輸出主導型の、1978年に始まって以来、 2001年と2010年の間成長率は10.5%であり、中国経済は2011年と2015年の間に9.5%の年率で成長すると予測されています。 2007年から2011年の間に、中国の経済成長率を合わせたG7諸国の成長のすべて同等であった。[212] 2011年2月にシティグループが発表したグローバル成長ジェネレータのインデックスによれば、中国は非常に高い3Gの成長評価しています。[213]

中国は2010年に5570万インバウンド国際的な訪問で、世界第3最も訪問された国である。[214]それはWTOのメンバーであり、米国に次ぐ世界第二位の貿易力で、総国際貿易と2011年に米国3640000000000ドルの値です。[215]外貨準備高は世界最大のはるかに、その埋蔵量を作る、2010年末までに前年比18.7%増加した米国2850000000000ドルに達しました。[216] [217]中国は米国の有価証券の推定1600000000000ドルを所有しています。[218]中国、米国債の米国1160000000000ドルを保持して、[219]米国の公的債務の最大の外国人のホルダーです。[220] [221]中国は世界第三位対内直接投資(FDI)の受取人、2010年比9%増をマークし、単独で2011年に1150億ドルを集めている。[222] [223]また、中国はますます2010年680億ドルの総対外直接投資と、海外に投資しています[224 ]
主要経済国の名目GDPを2011年を比較したグラフ
IMFのデータによると、米国億ドルインチ[225]

中国の成功は、低コストの生産者、製造が主な原因であった。これは安価な労働力、優れたインフラ、相対的に高い生産性、良好な政府の政策、そしておそらく過小評価、為替レートの組み合わせに起因しています。後者は、しばしば中国の巨大な貿易黒字(2007年米国2627億ドル)[226]非難されており、中国とその主要貿易相手国、米国、EUとの間の紛争の主要な供給源となっており、日本にもかかわらず、元があったことデ釘付けと2005年以来、米ドルに対して20%の値に上昇した。[227]中国はさらに広く、2005年に財偽造を大量に製造するために批判される、アジア·ビジネス·カウンシルは、偽造業界が8%を占めていると主張当時の中国の国内総生産(GDP)の[228] [229]

状態はまだ戦略的な "柱"産業(エネルギーや重工業など)に支配したが、民間企業(約3,000万、民間企業から構成されます)[230]が非常に拡大している、2005年に、それはどこの間に33%[231を占め国内総生産(GDP)の] 70%[232]、その年のOECDの推定値は50%以上アップ、1978年に1%から中国の国家出力の[233]、であった。[234]上海証券取引所IPOの記録量を調達していると、そのベンチマークの上海総合指数は2005年以来倍増している。 SSEの時価総額は世界第5位の証券取引所作り、2007年に米国3000000000000ドルに達しました。

それが唯一の経済自由指数で測定された179カ国のうち第百三十五位にランクされていますが。[236] 46の中国企業は、2010年フォーチュン·グローバル500(北京単独でのリストを作った中国は今、[235]グローバル競争力指数の第29位にランク30)[237]は、時価総額を用いて測定し、世界トップ10の最も貴重な会社の4人は中国人です。これらのいくつかは、最初のランクのペトロチャイナ、中国の第3位の工商銀行(世界で最も価値の高い銀行)、第5位の中国移動(世界で最も価値の高い電気通信会社)と第七位の中国建設銀行が含まれています[238]

中国の中産階級の人口は(少なくとも米国の17000ドルの年収を持つものとして定義されている)、2011年の時点で以上の千万元(150万米ドル)相当の超豊富な個体数中[239]を1億人以上に達しているHurunレポートによると、825000と推定されている。[240] Hurun豊富なリストに基づいて、中国の米ドルの億万長者の数は中国の億万長者の世界で二番目に高い数値を与え、2010年には2009年の130から271に倍増した。 [241]中国の小売市場は、人民元の価値8900000000000(米国1302000000000ドル)、2007年で、毎年16.8パーセントで成長している。[242]中国が27.5%で、今も日本に次ぐ高級品の世界第二位の消費国である世界シェア。[243]
南京路、上海の主要なショッピングストリート。

近年、中国の急速な経済成長は、[244]は、基本的な財の価格が急激に上昇し、深刻な消費者のインフレ率に貢献してきました。中国の食品価格は、単独で2008年の最初の4ヶ月で21%以上増加した。[245]インフレと中等度の上昇、不動産価格を抑制するために、中国政府は金利を上げると制限のを課すことは、財政規則および修正の数を設けました銀行ローン。 2011年9月、消費者物価は2011年7月に6.5%のピークからインフレ率の減少をマーク、前年に比べ6.1%増増加する経済的規制の[246]副作用は、全体的な成長の鈍化であった - 。中国を四半期ごとのGDP成長率がダウンして、前四半期の9.5%から、2011年10月の9.1%に低下し、[246]と2012年4月に8.1%に沈んだ。[247] 2012年7月では、製造業の低迷の中で、グローバル市場での増加混乱、中国の四半期ごとのGDP成長率は7.6%に低下した。[248]

中国経済は非常にエネルギー集約型と20%と100%より多くのOECD諸国では同様のものよりもエネルギー。[249]中国は2010年には世界最大のエネルギー消費になった[250]の間に中国での非効率的なオン平均、工業プロセスであるが、まだそのエネルギー需要の約70%を供給する石炭に依存しています[251]緩い環境規制と相まって、これは世界の30の最も汚染された都市の20で中国を残して、大規模な水や空気の汚染につながっている。[249]したがって、政府は再生可能エネルギーは2050年までに中国の総エネルギー生産の30%を構成することを計画し、より多くの再生可能エネルギーを使用することを約束した。[252] 2010年、中国は全体の風力発電容量を持つ、世界最大の風力エネルギーのプロバイダとなりました41.8 GW [253] 2011年1月に、ロシアは東シベリアを経由して一日あたりの石油の30万バレルポンプ、中国へのスケジュールされた油の出荷を開始しました - 太平洋石油パイプラインを。
[PR]

# by akb161sdn | 2012-08-15 13:30