チャイナ 中華大国

科学と技術

中国は明代まで、科学技術の世界的リーダーであった。このような製紙、印刷、羅針盤、火薬(四大発明)のような古代中国の発見や発明は、アジアとヨーロッパの経済発展に貢献しています。しかし、中国の科学的な活動は、14世紀における長期的に下落に入った。ヨーロッパの科学者とは異なり、中世の中国の思想家が数学的法則に自然の観察を削減しようとしなかった、そして、彼らは学術コミュニティを提供するピア·レビュ​​ーとプログレッシブ研究を形成しなかった。科学技術が自明なまたは限られた実用的なアプリケーションへの制限付きとして見られながら、文学、芸術、行政上の濃度の増加があった。[255]この大きな相違の原因が議論され続けています。

繰り返される軍が19世紀に西欧諸国で敗北した後、中国の改革は、自己強化運動の一環として、現代の科学技術を推進し始めました。 1949年に共産主義の勝利の後、努力はソ連のモデルに基づいて科学技術を整理するために行われました。学者が迫害された、科学者や技術者の訓練は厳しく10年近く縮小されましたしかし、1966年から1976年の毛沢東の文化大革命は、中国の研究に壊滅的な影響を与えた。 1976年の毛沢東の死の後、科学技術は、四つの近代化の一つとして設立され、ソ連の影響を受けた学問体系が徐々に改革されました。[255]
2008年9月25日に長征2Fキャリアロケットに乗って中国の有人宇宙船神舟7の打ち上げ。

現代の中国では、科学技術は経済的、政治的目標を達成するために不可欠と見られて、時には "テクノ·ナショナリズム"として記述さ程度に国家のプライドの源として開催されています。[256]ほぼすべての政治局のメンバー中国の共産党の常任委員会は工学の学位を持っています[257]は文化大革命の終わり以来、中国が単独で2011年に科学的な研究開発に1,000億米ドル以上の支出は、世界有数の技術力の一つとなっています[258 ]

中国は急速に科学、数学、工学に重点を置いて、その教育システムを開発している、2009年には、10,000以上の博士号を取得して生産他のどの国よりも多くの工学の卒業生、そして、多くの50万学士卒業。[259]中国はまた、主要な国際的な科学ジャーナルの5200を含む、単独で2010年には121500を生成する科学論文の世界第二位の出版社である。[260]そのようなHuawei社とLenovoのように中国の技術企業は、通信やパーソナルコンピューティングの世界的リーダーとなっています[261]

中国の宇宙プログラムは、世界で最も活発なの一つであり、国家の誇りの主要な源である。[262] 1970年、中国は2003年に初の人工衛星、東方香港I.を立ち上げ、中国は独立して、人間を送信するために第三国になりました宇宙に、神舟5号に乗って楊利偉の飛行で、2012年7月の時点で、8中国人が宇宙に旅しています。 2008年に、中国は神舟7使命との最初の宇宙遊泳を行った。 2011年、中国初の宇宙ステーションモジュール、Tiangong-1は、2020年までに大規模な有人駅を組み立てるために、プロジェクトの最初のステップを記念して、発売されました。[263]アクティブな中国の月探査プログラムは、2013年に計画された月面車の発売が含まれていますそしておそらく2025年に有人月面着陸。[264]月のプログラムから得た経験は、火星や金星の探査など、将来のプログラムに使用することができます。
[PR]

by akb161sdn | 2012-08-15 13:31
経済 >>